特許申請・出願の特許査定率

特許申請・出願をして特許が認められる成功率(特許査定率)は?

特許申請をして、実体審査の結果、審査官などにより特許が認められる成功率(特許査定率)は、日本ではどのぐらいかというと、2017年は74.6%でした。
参考資料:特許行政年次報告書2018年版(特許庁)

特許査定率の推移を表したグラフ

特許査定率は2009年からほぼ上昇傾向にありましたが、2017年は前年と比べると1.2%ほど下がって少し落ち着きました。
なお、ここでいう特許査定率は、特許査定件数/(特許査定件数+拒絶査定件数+一次審査着手後の特許申請の取下げ・放棄件数)で計算された率です。

発明について特許を受けるための要件の一つに、進歩性(特許申請したときの技術水準に基づいてその道の通常の専門家が容易に考えつかない程度の発明であること)という重要な要件がありますが、特許庁の審査などにおいてこの進歩性を満たしているかどうかの判断の基準が昔と比べるとやや甘い傾向があることが特許査定率が上昇傾向にあった理由の一つではないかと思います。

特許庁の審判官が行った審決に不満があるときに取り消しを求める訴訟を取り扱う知的財産高等裁判所が、進歩性について昔と比べるとやや甘めの判断をする傾向があるので、特許庁の審査官などの判断に影響を与えたのではないかと思われます。

また、先行技術調査に力を入れるなどして特許権を取得できる可能性を十分に検討した特許出願が増加していること、
特許権を取得できる可能性が比較的高めであると予想される特許出願に絞って審査請求が行われる傾向があること、
審査請求を行った後でも、特許性がないと判明したなどの理由で審査着手前に特許申請を取下げ、放棄すれば、審査請求料の半額が返還されうる制度の利用が定着してきたこと(例えば、2017年に審査請求後、一次審査着手前に取下げ・放棄をした特許出願件数は2,651件)、
特許庁が特許審査迅速化・効率化のための取組として、査定率が上昇してくる前には査定率を55%~60%程度まで向上させる目的を掲げていたことなどが
特許査定率が上昇傾向にあった理由として挙げられます。

なお、日本の特許申請の審査において、最初の審査結果の通知での特許査定率は15.2%程度であって(2017年7月~2017年12月)、一発で特許が認められる率は高くありません。

一発で特許が認められない場合には、審査官から拒絶理由が通知されることになりますが、この拒絶理由が通知される平均回数は1.1回程度です(2017年7月~2017年12月)。
参考資料:特許審査ハイウェイの統計情報(特許庁)

特許査定率などについてのまとめです。

特許査定率のまとめ

関連ページ

特許出願をしてから特許査定になるまでの流れなどについて説明しています。

審査請求手続をして特許査定になるまでに要する期間などについて説明しています。

特許査定を目指すための注意点、特許庁に出願手続する方法などについて説明しています。

出願書類の役割や、出願書類作成のポイントなどについて説明しています。

特許出願手続をする際にかかる費用、特許査定となった後にかかる費用などについて説明しています。