タイが特許協力条約(PCT)に加盟

タイが特許協力条約(PCT)に加盟

タイが特許協力条約(PCT)の加入書を世界知的所有権機関(WIPO)の事務局長に2009年9月24日に寄託したことにより、3ヶ月後の2009年12月24日にタイのPCT加盟の効力が発生することになります。
タイは142番目のPCT加盟国となります。

発効日である2009年12月24日以降の国際特許出願では、自動的に指定国にタイが含まれ、国際予備審査請求を行う場合には自動的に選択国にタイが含まれることになります。

日本にとって、タイは東南アジアにおいて重要な製造拠点、市場であることから、タイでの特許権利化を望まれる出願人も多いと思いますし、外国に出願する際にタイを含めてPCTを利用できるようになるのは朗報であると思います。

「タイ王国(TH)の特許協力条約(PCT)加盟のお知らせ」(特許庁)

142か国のPCT加盟国については、「PCT加盟国一覧表」(特許庁)をご参照ください。

なお、この記事は2009年10月3日付の記事を再掲載したものです。

2009年10月10日 |

カテゴリ: 特許関連


»
«