「特許出願」と「特許申請」との違い

「特許出願」と「特許申請」との違い「特許申請」は本当は間違い

「特許出願」とは、発明について特許権の取得を特許庁に願い出ることをいいます。具体的には、発明者の氏名等を記載した願書に、発明の内容を説明した明細書、特許請求の範囲、必要な図面等を添付して提出します。出願だけでは発明の中身までは審査してもらえず、別途審査の請求手続を行う必要があります。

このサイトでは「特許出願」と同じ意味で「特許申請」という表現を文章中に用いたり、ページのタイトルに用いたりしていますが、「特許申請」という表現は誤りであって、本来専門家が用いるべき表現ではありません。
もし私が企業の知財部員であって弁理士と話をしているときに、その弁理士から「特許申請」という言葉が発せられたらその瞬間に「ほんとうにこの人弁理士?」と疑い、信用できなくなります。
このサイトは、特許出願が初めての方や経験の浅い方に読んでいただくことを目的にしています。初心者の方は、「特許申請」というキーワードでインターネット検索されることが多いためにあえてこの表現も用いるようにしています。
ほんとうは、特許は「申請」するものではなく「出願」するものです。
専門家の立場で、「特許申請」という表現が間違いであることを記載せずにそのまま用いてしまうと、誤用を広めてしまうことになりますのでここで触れさせていただきました。

特許出願が正解で、特許申請は間違い